契約金利が見直しされないカードローンは解約した方が良い!

カードローンには、利用限度額に応じて金利が変わるもの、審査により決まるものがあります。そして、新規契約時の金利が固定されてしまうものもあります。そもそも、利用限度額や金利は、与信状況や返済能力により査定されます。

金融取引を続けていけば、信用度はアップし、契約期間が延びるほどその間に収入もアップしていくのが一般的です。結果的に、契約時よりも本来であれば低い金利で再契約が可能な状況にも関わらず、金利が見直されないのは損をすることになります。

そのため、審査により金利が決まるカードローンの場合は、金利見直しがされない状況が続いている際は解約して、別のカードローンに切り替えた方が金利が下がる可能性があります。また、固定金利のカードローンで元々の金利が高い場合、それ以上の金利が下がることが見込めないため、解約してしまった方が良いと言えます。

便利だから、いざという時のためにと契約状態でいるだけで、新たなキャッシング契約では金利が下がる要素を失ってしまいます。先ずは、カードローンの契約期間が1年といったスパンのものを選び、自分が適切な評価を受けているのか判断しつつ、契約をどうしていくのか見極めることも重要です。審査が通過できるか不安といってそのままにするのは得策ではありません。