モビットを利用して失敗しないために注意する事

キャッシング業者を利用する時に銀行グループと宣伝されている業者をよく聞きます。銀行グループと宣伝していると銀行カードローンと判断して低金利でお金を借りれると思ってしまいます。しかし金利を見てみると高く設定されていたりして疑問に思ってしまう事があります。これはよくある誤解で銀行グループと宣伝されていても銀行カードローンとは限りません。だいたい運営しているのは消費者金融の場合が多いので注意が必要になってきます。

消費者金融のモビットが代表的な例で三井住友銀行グループと宣伝しています。三井住友銀行といえば日本の代表的なメガバンクなので特に勘違いしやすいです。モビットを運営しているのも消費者金融なので金利も当然高く設定されています。

モビットの金利は3.0~18.0%と表示されていますが利用し始める時はほとんど最高金利が適用されます。モビットの場合は最高金利が18%となっているのでその数字が金利として適用されます。最少金利を見て判断してしまうと返済金額が大幅に変わってくるので注意が必要です。

金利が高く設定されている場合はいかに利息を減らすかを考える必要があります。消費者金融は初めて利用する人を対象に無利息期間のサービスが適用されますが、モビットの場合は無利息期間のサービスがありません。そのため初月から利息が加算されていくので利息を減らしていくにはいかに短期間で返済するかがポイントになってきます。モビットを利用する時には返済期間を短く設定するように計画を立てておきましょう。